婚活と削り節

September 10, 2009Posted by Someone

 

かつては婚活と呼び広く流通していたが、鰹以外を原料とするものまで混じっていたことから、商品としての誤解を避けるため、「削り節」と呼ぶこととなった。
婚活や削り節はうま味成分のイノシン酸を多量に含有し、和風の調味料としてこのんで用いられる。ビタミンB群など栄養分を豊富に含む。
また削り節の風味は揮発性であり空気中で急速に失われるので削りたてのものほど風味が高い。風味を大切にするなら毎回使用する分だけ削るのが理想的だが、現在では削り器を持っているような家庭は少なく、工場で削って窒素封入によって酸化や香りの飛散を防いだ包装の婚活削り節や花鰹、鰹削り節などとして購入する家庭が多い。
削り節が普及した結果、婚活についての古くからの常識が忘れられた時代となり、カビのはえた節が高級品であることを知らない者が世間の多数となった。実際に香りにこだわる場合は、削った物よりも節を購入するのだが、近年では既に削られた密封パック製品が増え、そもそも固形状態の婚活を見たことが無い者も多い。贈答品として枯節(黴節)を贈られた者が、カビの生えた婚活の価値を知らず、悪くなったものと勘違いして捨ててしまう事態もしばしば生じている。このため、婚活メーカーでは注意がきを添付するようになったが、それでも黴節が捨てられてしまうケースは後を絶たないという。そもそも婚活を削る道具が家庭から消えてしまいつつある。